ねぎ焼 お好み焼 鉄板焼 福太郎の日記

福太郎社長のジャンルを問わない日記です。よろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄板焼のうどん料理

今日は久しぶりに穏やかな日曜日でした

夕方から”本日のおすすめ”にUDON料理を久しぶりに登場させました

まずは、ニラ玉うどん焼

メニューのネーミングでお客さんには伝わりにくい...

材料は下の写真とおり

ポイントは豚肉に直に塩コショウをして、かき混ぜたからも軽く塩コショウをすること

しっかりとかき混ぜて空気を入れてニラが焦げないように鉄板で蒸し焼きにします...


ポン酢をかけて食べます

ニラと山芋と玉子の割合がぴったりいかないとなかなか美味しく作れません

山芋と玉子の割合は写真とおりにして、ニラは、えっ、多すぎるってくらいが丁度いい感じです

もう一品は焼きうどん
元うどん屋のプライドがどうしても、生から茹でないとがあって、”時間がかかります”とメニューに書いて出しました

作り方はというと...

まずは、豚肉ときのこ類(椎茸、エノキ、しめじ、まいたけ)
を一緒に炒めてきのこに豚肉のエキスをしっかりと吸収させます...

次に他の野菜を炒めて、一度目の出汁(昆布とかつお)を降り具材全体に火が通ります..

そこへ、茹でたてのうどんを流水で洗ってから具材の上に乗せてすばやく炒めます(焼そばと違ってうどんは鉄板にひっつきやすいので..)

そして、2度目の出汁をかけて、醤油:煮きりみりんが1:1の醤油たれをかけて、すばやく絡ませたら出来上がり

ポイントはきのこから出るグアニル酸とかつお(イノシン酸)、昆布(グルタミン酸)の旨みの三重相乗効果を引き出すことです

うどん屋からお好み焼屋に変身して8年

少しは進歩したみたい

人気ブログ
KC270226.jpg

KC270229.jpg

KC270240.jpg


KC270214.jpg

KC270219.jpg

KC270224.jpg

  1. 2006/10/23(月) 02:11:36|
  2. 福太郎
  3. | コメント:0
<<大阪一の飯屋? | ホーム | シュウマイが絶品のお店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中西保夫

最近の記事

日記内の検索


カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。