ねぎ焼 お好み焼 鉄板焼 福太郎の日記

福太郎社長のジャンルを問わない日記です。よろしくお願いします!

ステーキの焼き方

今日はステーキの焼き方のまじめなお話です
高温で表、裏を焼いて旨みを閉じ込めるとか仕上げに赤ワインや日本酒をふりかけるとかなんかはよくテレビや雑誌などに書いていますけど...

意外と世間で知られていないこと...
それは実は一番大切なことで専門店でもなかなかできないこと

それはというと
冷蔵庫からステーキを出して塩、こしょうetc擦り込んで、すぐに焼かないことです

常温でステーキをおいといてステーキの中心部の温度を少しでも高くしないと生焼けになって本当のレアのステーキを焼くのが難しくなるし、ミディアムでもウエルダンでも美味しくやけませんし、塩、こしょうetcの味がステーキにまんべんなく浸透しないからです
もちろん、我々料理人は冷蔵庫から出したステーキをすぐに焼いて完璧なレアステーキを焼くことができますけど、やはり非常に難しいです

だから、ステーキ(薄いのは関係ないけど)を焼く時は必ず常温で味付けしてすぐに焼かないことが一番たいせつです
あと、これは焼き方ではないのですが牛肉は食べたい日に買うでしょ!
これも実はたいへん損なんです
肉屋さんから買ってきた牛肉は実はまだ本当は美味しくないんです
アミノ酸がまだ分泌しきってなくて僕らで表現すると味が若いんです
だから牛肉は変色し始めて安くなったのを買うのが安くて旨いんです(豚と鶏はダメよ)
下の写真は本日のおすすめの”三田牛のステーキ”です 福太郎でも10分ほどおいてから焼きました


KC270061.jpg

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/09/03(日) 04:15:50|
  2. 肉料理
  3. | コメント:0
<<神戸の喫茶店 | ホーム | アボカドロール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中西保夫

最近の記事

日記内の検索


カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する