ねぎ焼 お好み焼 鉄板焼 福太郎の日記

福太郎社長のジャンルを問わない日記です。よろしくお願いします!

食! 味な関西 読売新聞 夕刊 1面と2面

今日は昼間起きた時から風邪と頭痛でダウン
夕方過ぎまで寝ていたのですが治らずに欠勤しました 今日の大阪は多分今シーズン最後であってほしい戻り寒波で雪もチラホラ降っていたらしいです 今日の家の夕刊は(読売新聞)は福太郎が出てる日でうなされながらもしっかりとチェックしました 友達や母親に”今度福太郎が読売新聞の一面で載るんやでー”と吹聴していて、僕はあくまでも1ページ全体に載るんやという意味でいっていたのですが、1面といったらトップページという意味が正しいらしくて”そういう意味やないで”と弁解していました。テーマは”お好み焼きVSねぎ焼き”で読売新聞の 食!味な関西という食のコラムでした。やはり、コナモン協会の会長で福太郎日記でも紹介した熊谷真菜ちゃんのコメントも掲載されていてあとはねぎ焼の産みの親”やまもと”さんや天満の菊水さん、それと福太郎にもちょくちょく来店される月亭八方さんのコメントも掲載されていていよいよ僕のコメントです
原文で”店長の中西保夫さん(38)はいう。『関西人にとってお好み焼きはソウル(魂)フード。一人ひとりが自分の好きな味、焼き方を持っている。だからぼくらも常に新しい味を作らなければ』” 僕は今まで新聞に載ったのはゴルフ競技の成績ばかりで一度中部新聞に学生の試合で偶然とまぐれが重なって優勝した時になにかコメントを載せられたみたい(同僚から聞いたことで自分は読んでいませんが)くらいだったのですが、やはり今までの新聞掲載の中で一番嬉しかったです でも、喜んでないでこれからも頑張って生きたいと想います 記者さんによって自分が福太郎に対しての想い入れがよくわかり、これからもう少し想いだけじゃなくて努力して生きたいと想います でも、最後に一言
自分の商品はトップページに載っているからやっぱり嬉しい(感動)ですが、自分は右手しか写ってないい…(泣き笑い)







060331_0205~01.jpg

060331_0250~01.jpg

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/03/31(金) 02:20:26|
  2. 取材
  3. | コメント:0
<<合鴨ロース | ホーム | お好み焼き(ねぎ焼き)の食べ方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中西保夫

最近の記事

日記内の検索


カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する