ねぎ焼 お好み焼 鉄板焼 福太郎の日記

福太郎社長のジャンルを問わない日記です。よろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どっちの料理ショー

今日は約2年半前に福太郎がすじネギ焼で日本テレビのどっちの料理ショーに出演した裏話です。実は出演した半年前にお好み焼きで出演するかもしれないという前提で電話取材があって電話を出たのが僕の義理の弟であり、いまはたこやき座を任されている秀樹で20分ほど詳細な電話取材で”これはもしかしたらどっちの料理ショーを語る産業スパイだと”想い秀樹にこれは嘘やろうから会話を手短にして切れといいました。それから1ヶ月後にお好み焼き対何??の放映があり”あの電話は本物やったんやなー”とわかりそれから約半年後に今度は僕がたまたま電話をとったのですが”オムそば”で、どっちの料理ショーの電話取材がありました。しかし僕はどうせ全国放映ならサブメニューででるなんてと想いどっちの料理ショーという番組に敬意も込めて丁重にお断りをしました。それから10日くらいして今度はネギ焼きでどうですかと電話取材があったのでそれなら喜んで出演しますと電話取材で30分、それから番組制作で有名なハウフルスさんから太田さんという方が来阪してお店で取材を受けました。まだ出演が決まっていない段階で制作者としてはどうしても演出が必要なのはわかるのですが福太郎のネギ焼きの上にさらにネギをのせて映したいといわれて一度は僕も”それなら出演しなくてもいいです”ときっぱりいい半ば出演の正式依頼はないだろうとあきらめていたのですが依頼がありました。それで対決はネギ焼対オムそばになったと聞いて2度びっくりしました。実際の放映は2分足らずで番組の最中にちょこちょこ出てきただけですが2日間にわたり延べ約16時間の撮影でした。一番たいへんだったのはネギ焼きに醤油たれを塗るシーンで鉄板のジューという音を拾うために換気扇も止めてのべ8枚くらい焼いてようやくオッケーをもらいました。カメラを回している人も僕も周りの人みんながそのシーンだけで汗だくになりました。でも、制作スタッフさんのプロ根性をみせてもらい感動もしました。いろんなシーンでカットの連続でたいへんでしたけど、赤井さんに送るメッセージだけはNGなしに一発で決めれました。


<<どっちの料理ショーの放映シーン

テーマ:たこ焼き・お好み焼き - ジャンル:グルメ

  1. 2006/02/09(木) 02:24:01|
  2. 取材
  3. | コメント:0
<<大阪新歌舞伎座 | ホーム | 鯨の刺身>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中西保夫

最近の記事

日記内の検索


カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。