ねぎ焼 お好み焼 鉄板焼 福太郎の日記

福太郎社長のジャンルを問わない日記です。よろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生中多め!

ようやく今月最初の3連休が終わってくたくたですが、楽しかったです。予想以上のお客さんが来店されて、待ち時間が長かったお客様もかなりいて本当にありがとうございました。今日はそんな忙しい中、当店でははじめての変わったオーダーがありました。”生中一つ多め”といわれて少し固まりました。冷酒では受け皿があるので福太郎では必ず皿にこぼれるまでいれるのですが、ビールとなればと思いついたのは大きな皿を受け皿にしてこぼして出しました。それにはお客さんも周りのお客様も仰天!!してしまい、オーダーされたお客様にはかえって恥ずかしい想いをさせてしまいましたけど非常に喜んでくれました。そのお客様に”いままで他店でこんなオーダーしたことはあるの!”と聞いたら初めてらしく、なんかここにきて頼みたくなったらしいです。大阪の人ではないらしく、”さすが大阪だなー”といわれたのがすごく嬉しかったです。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/20(火) 00:27:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いらち

昨日から連休で福太郎は大忙しです。昨日のお話ですが、東京から来られた2人組の女の子が僕に”大阪弁の特徴はなーに?”と聞かれてさすがに僕も一瞬フリーズしてしまいました。だって普通に大阪弁をしゃべっている者が特徴?って聞かれてもねーー。でも、なんとか質問に対して答えたかったので、大阪人がそれ以外の地域からよく言われる”いらち”(標準語で”いらだつ””せっかち”)だから会話のテンポが速くて相手にすぐに伝わると答えたら、今度は女の子達が、えっ”いらち”ってなーに???と説明しないと伝わりませんでした。説明したら、さっそく”いらち”を使おうって喜んでくれました。福太郎はオープン当初は暇でそしてお客様に”おーいまだかー”とよくいわれて苦労したのがきっかけでスピードメニューを考えました。でも、どうせならスピードメニューでも他店がやってないようなメニューをと考えて今の福太郎があるのだと想います。でもー、やっぱり大阪人は”いらち”ですね
  1. 2005/09/18(日) 14:57:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山久醤油(株)ヤマヒサ 小豆島

今日はねぎ焼の醤油たれの一つの小豆島の山久醤油のお話です。希少な国内産の大豆と小麦粉と天然塩で造ったお醤油で、国内最上級のお醤油ともいえます。本当にめちゃくちゃおいしいですよ!!!!!2,3年前には慰安旅行??で大阪にいらしゃった時に20名位で別館を貸切で来店して頂きました。その時には当店の店員がソースを衣服につけてしまい改めておわびします。
いつもお世話になってます。福太郎の中西保夫です。これかも末永いお付き合いを宜しくお願い致します。
  1. 2005/09/17(土) 00:26:25|
  2. 特選素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

剣いかのバター焼き

今日は剣先いかが中央市場で安かったので入荷しておすすめで出しました。従来なら剣いかといえば、高級お刺身用として、料理屋さんではだいたい相場が1000円~2000円はするのですが、安く入荷できる時は福太郎ではお刺身はもちろんのこと一匹をまるごとバター焼きにだします。剣いかはいかの中でもいちばん食感が柔らかくて味の繊細で、まさにいかの中のクーイン的な存在なのですが、それをバター焼きにするとさらに味に深みがましてびっくりする味になります。小ぶりながら一匹まるまるのバター焼きで780円ってすごくお値打ちです!!!
  1. 2005/09/15(木) 01:05:59|
  2. 特選素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フンドーキン醤油

今日は福太郎のねぎ焼き醤油たれの中にも入り、福太郎では刺身類に使う、フンドーキン醤油の極しょうゆのお話です。
この醤油との出会いは今から10年程前に僕がまだうどん居酒屋をやっていた時に、たまたまお店が休みの日にスーパーに買い物に行って、パッと目にはいり”なんかこれおいしそー”と想って買って帰り、何かの?お刺身につけて食べてびっくり!!もちろん、お刺身の種類によっての相性はあると想いますが、醤油が旨いとお刺身もこんなに旨いんだと、それ以来、自分のお店の刺身醤油となり、今は福太郎自慢の5種類の醤油からなる醤油たれの一角を担ってます。恥ずかしながら、僕は昨年に大分県から来られたお客さんに、”えーー、なんでここにフンドーキンがあるのー?!”といわれるまではずーっと、フードキンと呼んでいて、おそらく何度かのテレビや雑誌取材でフードキンといってしまっていたと想うと大分県はともかく九州の方はみんなフンドーキンといえば、味噌、醤油etcとご存知にもかかわらずに申し訳ないような恥ずかしいのやらで***** 
フンドーキン醤油の皆様へ いつもお世話になってます。大阪の福太郎の店主です。貴社のホームページを本日はじめて閲覧し創業1861年もさることながら3つの経営理念はおがましながら、若輩の私でありますが共感得るものが大きく改めて”すばらしいお醤油と出会えた”と感動してます。これからも末永いお付き合いを宜しくお願い致します。 
福太郎 中西保夫
  1. 2005/09/14(水) 01:16:21|
  2. 特選素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

衆議院選挙より星野SD

今日の福太郎は予想通りに選挙速報がはじまる20時を境に暇になりました。政治があまりわからない僕ですが、投票率が上がったことはいいことだと思いました。そんなことよりも、星野SDが阪神に大阪に残ると明言したことの方がうれしかったです。”お客さんでまだどうなるかわからない”という意見もありましたけど明言しといて巨人に行くなんてペナント中の配慮?と考える人もいるみたいですが僕は星野SDは絶対にそんな人ではないとおもうからです。でも、もしそれが違っていたら日本のプロ野球はおわっちゃいます。僕個人の理想は来期の巨人軍の監督は噂にあがっている三人の中では江川さんが一番好きなので江川巨人と岡田阪神が闘うとこを観てみたいです。
  1. 2005/09/12(月) 01:36:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕のゴルフ人生の未来予想図

今日は疲れも、ストレスも溜まっていたので、新人の教育もそこそこできていたので、休養していて、深夜に近所のゴルフ練習場に行きました。恥ずかしながら僕がはじめてクラブを握ったのは小学生でその時は野球の方が好きだったので、すぐに飽きてしまい本格的にはじめたのは高校生になってからでした。ジュニアーの試合はたいした成績を収められなっかたのですが、大学はスポーツ推薦で当時全国で5位だった愛知学院大のゴルフ部に入りました。そして一番最初の試合で1Rの競技であったおかげでまぐれで優勝してしまいました。確かに本格的にゴルフをはじめて1年半でくずはゴルフですが、68でまわるなど自分では当時は天才だと思っていたのがあとあとの災いを招いたのです。大学の初めての試合に勝ちもともと自身過剰のところがあって、しかも高校は自分がゴルフ部を作ったこともあって、クラブ内の上下関係ができずにその年の11月には名古屋を去り、翌年の5月に大阪の泉が丘カントリークラブに研修生として入社しました。
プロテストは6回受けたのですがさっぱりで自分の父親の商売の都合で飲食の世界に入りました。さすがに最初の2年間は全くクラブを握らずに仕事に専念していましたけど、やはり寂しいのか以後は月に1回のペースでコースに出るようになったのですが、スムースにいけばだいたいパープレイ(RT)でまわるのですがさすがにクラブを握らないでコースに行くとだんだんスイングも悪くなり年々スコアーがわるくなり、近年では平気に90が出てしまうほどになっていきました。ところが最近はやはり商売ばかりの人生で終わってしまってはたして幸せなのか?と疑問に想いだし今では商売とゴルフの両立ができるようになってきました。僕はもともと、やりはじめから変則スイングでスライス回転のボールしか打てません。ようは、ダウンスイングでアウトから降りてくるのです。どうしてもドロー!?を打たないといけないときは、右に向いて打つ、要は引っ掛けドローを打ってました。
しかし、ヘッドスピードが速いのとボールの回転数が低いので、飛距離が出て、風にも強く、スライス回転なので、ボールも止まっていました。しかし、いま38才になってやはり、変則スイングがゆえに飛距離が落ちてきてます。そして当然、商売が第一優先なのでやはり少ない練習量で勝てるスイングをしなければいけないのが現状です。昔と違って道具の進化によりみんなのドライバーの飛距離やアイアンのミスの度合いが減っている競技プレイヤーの中で、僕の目標は3年後に関西アマをとること!!!!!です。正直、今日もスイングの矯正を練習場でやっていたのですが、まだいままでのスイングで行くのか、いまのクラブの特性を生かした合理的スイング行くのか迷ってます。しかし、目標は立てたのでとりあえず3年後が楽しみです。
  1. 2005/09/10(土) 04:49:18|
  2. golf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福太郎ざんまいコース (2580円)

今日は当日予約の福太郎ざんまいコースが14名入り、もともと、2組あっての飛び入りでもあって、ちょっぴりたいへんでした 福太郎ざんまいコースとは、前菜、生たこポン酢、ミニ山芋焼、えびのピリ辛炒め、ミニすじねぎ焼、ミニ豚いかのお好み焼き、ミニ焼そば、デザートと福太郎の人気メニューを集結させて、かつ少しボリュームのあるコースなのですが、あえて店内での宣伝はなくてネットからのお客様への、いわゆる遠方から来られるあまり普段来られない団体お客様のコースという意味合いで予約のみの限定メニューなのですが、年々そのコースが増えてきましてうれしいです。もし遠方からでなかなかこれないお客様で福太郎をよく知りたいと想われるのであれば是非お勧めです。ちなみに、このページからクーポンを得たら、2280円になるので是非使ってくださいね!!
http://r.gnavi.co.jp/k226600/map1.htm
  1. 2005/09/09(金) 00:47:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ねぎ焼きのモダン焼き?!

今日は常連さんに”またわがままな注文をしてもいい”といわれ僕の記憶ではすじねぎ焼きのモダンと残っていたので、はいよー!と作りました。福太郎では僕がモダン焼きが好きではないのでメニューには載せてないのですが、お好み焼きのモダンと云われたらお好み焼きに+200円でつくり、一日平均2~5つ位の注文は受けるのですが、ねぎ焼きはまあ、もともと注文を受けるのは非常に稀だったのですが、半年前までは作れませんと断っていたのですが、今日のお客様の組とあと2組くらい作りはじめていました。しかし、問題は焼きそばをソース味にするのなら当然にねぎ焼き本体もソース味にするのと焼きそばを醤油味にして従来のねぎ焼きの醤油たれにするのの、2パターンがあり今日のお客様は前回はソースでねぎ焼きモダンをつくったらしく当然ソース味で来るのとおもっていたのが僕の勘違いで醤油味を作ってしまいました。まずはそばを鉄板に乗せて炒めてすじと煮込んだ出汁で味をからめて少量の醤油を打って味付けしたものをねぎ焼きにのせて焼き、最後に普段通りに醤油たれとレモンを軽くしぼって出来上がりですが、問題はソースで来るものだとおもっていたお客様がきょとんとされ初めてミスを気づいたのですが、”まあまあこれでいいよ”と許してもらい、食べ終わってから今度からこっちも(醤油ねぎ焼きもだん)も注文するからととても美味しかったといわれてなんとかミスが解消されました。
  1. 2005/09/08(木) 01:17:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

天然はまち(いまが絶好!!)

今日は台風14号が日本近海を荒らしてるにもかかわらずに、天然のはまちが入荷され、ほんの2時間強で完売しました。お客さまの反応はとはいえば、おいしいの連打ですごく嬉しかったです。はまちは関西では(ツバス→はまち→ぶり)の出世魚で確か関東では(わらし→いなだ→ぶり)だったとおもいます。そして、ぶりと言えば富山県氷見産で氷見ではぶりの子供を??とよばれていてすごくおいしいらしいです。近年では、はまちといえばもちろん養殖がほとんどで、もしかしたら大半の人が養殖の方が脂がのっていて旨いと感じられているのが事実のようです。7、8月のまだツバスサイズをよく天然のはまちだと書いてスーパーなので売っているのですがそれはやはりあんまりおいしくないのですが、今日のサイズまでいくと活けじめしてなくても食感もしっかりしていてすごくおいしいです。しかも廉価で入ります。いまがまさにこの時期でわかりやすくいうとスーパーの切り身にしているやつで、背の長さで約30センチ、白くなっている腹の部分で25センチくらいあればしっかりと脂がのった本当の魚の旨みのある天然のはまちが廉価で食べれますので是非お試し下さい。ただし茶色くなったやつは鮮度が落ちてますのであまりお勧めできません。後はお家に帰ったらしっかりとリードペーパーでくるみ、さらにラップをかけておくと鮮度も水分も抜けにくいので処理しておいたらいいとおもいます。
  1. 2005/09/07(水) 00:33:57|
  2. 特選素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ人のお客さま14名

今日の福太郎は夕方まで暇で18時頃から大爆発する典型的な土曜日のパターンで、わざわざ予約時間を1時間も遅らせてくれた団体様などもいらしゃって22時位まで常に待ち時間が発生して申し訳ございませんでした。22時半頃でようやく空席がめだってきたところにいきなり外国人のおきゃくさんがフォーティーンてなんてことない14名様の団体さんが来襲!!! 別館はまだ満席だったので本館のカウンターに二手に分かれて座ってもらいました。それで普段から外国人のお客さまはよく来られるのですがさすがに14名の団体さんは初めてで、すかさず日本人のお客さまに”だれか英語の達者な人はいませんかー?”とヘルプしたら英文科の女性の方がおられて助けてもらいました。14名様はみんなドイツ人でドイツ人の英語は意外にも僕にも理解できるほどのヒヤリングでした。なんでも2年前に来られたその中の一人の方が気に入って今日は団体で連れてきてくれたみたいでした。さすがはドイツ人で生ビールをわんさか水のように飲んでくれました。こっちからも、ワールドカップサッカー(いま思えばフットボールですよね!)といったら伝わらなかったですが、オリバーカーン、ナイスプレイヤー(ちよっと古い!本当はバラックをいいたかったのですが名前がでてきませんでした)といったら通じスマイルしてくれました。ちなみにお好み、ねぎ焼きを人数分オーダーしてからの追加オーダーはえびのお好み焼きとかきバターでかきバターは更に追加したのでかきバターが一番気に入ってもらったみたいです。あと、記念にビールグラスがほしいといわれたので一つプレゼントしたらすごく喜んでくれました。
  1. 2005/09/04(日) 01:22:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すじの炊き方

今日もひっきりなしの忙しさで生地がなくなってしまい、30分前に看板の電気を消しました。何組かのお客さまにはご迷惑をかけてしまい申し訳ございませんでした。今日はねぎ焼、お好み焼、単品のいろいろに使われる福太郎のすじとこんにゃく通称”すじコン”の炊き方をご紹介します。まず、基本的にすじの炊き方は調理法として2種類あります。すじを下ゆでするのは同じですが、その後にすじを味付けしながら炒めてから炊く方法と、そのまま炊いていき味付けする方法です。前者は当然ながら最初に炒めるのですじ肉の旨みを閉じ込めて炊くことでき、おそらく他店では前者の調理法を用いるのが多いと想います。しかし、福太郎は極上のすじ肉なので、あえて旨みを閉じ込めず、しっかりとあく抜きをするために最初から下ゆでした直後に炊きます。もともと信じられないくらいの旨みのある肉なので、旨みを閉じ込めるよりも肉の悪いとこをしっかりと逃がすのです。常にあくを取りながら、酒、砂糖、醤油の順番に味付けをし、こんにゃくはあらかじめ切ったやつを下ゆでしてあくをぬいておいてからすじといっしょに炊きます。しっかりと炊き上げるので本当は砂糖ではなくてみりんを使いたいのですが、みりんの方が明らかに上品に仕上がり柔らかくなったすじにある程度の食感を残してくれるのですが、どうしてもねぎ焼やお好み焼にした時に焦げやすくなるので砂糖を使います。
砂糖は当然ながら肉本来から出る甘みがあるので極めて、少量にします。もし家庭ですじを炊く時はそのすじが旨みがしっかりとあれば、福太郎式であまり旨みがなさそうだと思えば最初に味付けしながら炒めてから炊くといいとおもいます。しかしながらどちらでも一番大事なのはしっかりとあく抜きを丁寧に根気よくすることです。
  1. 2005/09/03(土) 02:34:36|
  2. 調理のポリシー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かき(加熱用と生食用の本当の違い)

9月初日の本日は石川県産のかきが入荷し、今年も福太郎のこれからの一番人気の単品メニューのかきのバター焼が今シーズンもスタートして、本日だけでも15食以上のオーダーがありました。従来、かきは岩がきは別にして、だいたい、10月~3月が旬とされてますが、福太郎は常連さんも熱いご要望で早い時で8月の北海道産から遅い時は5月中旬までの三重県産のかきまで仕入れて提供してます。確かに旬が一番おいしいのですが、僕自身食べておいしいと想ったら福太郎では仕入れて提供します。福太郎のかきのメニューはかきのバター焼きポン酢とかきのねぎ焼ですが、当然、加熱用を仕入れます。最近ではテレビでも正しい加熱用と生食用の違いを説明してるようですが、まだまだ正しい知識が皆さんに浸透していないみたいなので、この場をかりて両者の違いを説明いたします。よくみなさんが誤解されるのは、生食用が鮮度がよくて生で食べると勘違いされる方が多いのですが、生食用も加熱用も鮮度は全くかわりません! 違いは何!というと、生食用はきちんと厳重に殺菌をしていて、加熱用はしていないが正しい違いです。かきはたいへん、生で食べる時はきちんと処理をしなければいけないので、生食用は皆さんが調理する前にきちんと生産者が殺菌処理をするのです。
逆に殺菌処理を厳重にするのでどうしても旨みは抜けてしまいます。だから福太郎では加熱するので加熱用を仕入れて福太郎で旨みを抜けすぎないように殺菌して調理をします。
殺菌方法は少量の大根おろしをかきに混ぜ合わせて、かきのひだの部分の黒いところに菌がありますので大根おろしがそれをとってくれてあとは簡単に水洗いをします。みなさんもフライや鍋や焼くときには家庭でも安心して処理できますので是非、旨みが逃げてない加熱用を使ってみてくださいねっ!!
  1. 2005/09/02(金) 03:09:00|
  2. 調理のポリシー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大天寿司(兵庫県西宮市苦楽園)

今年の夏休みはオーサカキングの出店などもあって
家族サービースがほとんどできなかったので有馬温泉に昨日一泊して帰りに僕が小学生の3年生頃からよく親に連れていってもらった、西宮の苦楽園にある大天寿司に約12年ぶりに行ってきました。大将はさすがに歳をとられたみたいでしたが、相変わらずの寿司の捌きやカウンターの接客は衰え知らずの健在でうれしっかったです。僕も寿司を少しは握れるのですが、今になってここのすしの秘密がよくわかり、僕自身もここの寿司が自分の寿司のベースになっているのがよくわかりました。やはり幼い時においしいとおもう味の記憶はすごいものですね。ここの看板メニューは白身魚のにぎりに大根おろしに青ねぎの白い部分を混ぜ合わせたものをのせて、ポン酢をかけて食べる寿司が昔から今も看板メニューで、今日食べてはじめて、ねぎがすばらしいこの寿司の味のアクセントになっているのに気が付きました。福太郎の今度の商品にも活用していこうと思います。
  1. 2005/09/01(木) 01:02:50|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

中西保夫

最近の記事

日記内の検索


カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。